キンコン西野さんにチャットdeインタビュー:神社とお寺には可能性しかない!

ごきげんよう。麻葵ゑです。

前回の記事で、芸人・作家・実業家の西野亮廣さんの「面白そう」という発案でweb越しの対談をすることになったことを書きました。

西野さんがブログ記事にも書かれている、この企画です。

というメッセージ当日、目にした予定では確かロンドン行き。

その合間を見てのインタビューと想像します。

せっかくなので聞きたい質問を練ってと思ったのですが、ひらひらと舞い降りた突然の機会を捕まえた今回。

すぐに始まるとのことで余裕はありません。

西野亮廣さんはブログでビジネスと神社(キンコン西野、神社をパクる
日々の神社参拝(2017年11月のもの)

を書かれていました。

西野さんの神社お寺についてや発想の源泉を聞きたい!
と、これをテーマにしました。

このようなチャット形式でインタビューを進めます。
原文のままお届けします。

 

浦安麻葵ゑと申します。 西野さん、よろしくお願いします。

ほんとに今日ちょうど夕方に『はねるのトびら』のことを思い出した日に対談できて、びっくりです。 一度、エンディングに出たことがあったんです。 いつかと思ったら、2011年2月でした。

西野氏:はい。インタビュー始まってますか?

その時は着物で踊れる人ということで団体で呼ばれ、神社の前で撮影でした。 西野さんのブログでビジネス性の観点での神社の記事を拝見しました。 コラボレーション先としての神社やお寺について、思われることはありますか?

メチャクチャ興味がありますし、神社や寺には可能性しかないですね。

可能性しかないですか? 今は宮司さんがいないとか、人がいないお寺を心配する声もあります。 どのようなところに興味や可能性がおありか教えていただけますか?
単純に、あの土地と、あの建物と、あの歴史は、昨日今日の人間が努力で手に入れられるものではないので。

なるほど。 そうですね。 神社やお寺にもよりますが、例えば災害にあいにくいとかいい土地にたてられている。 または建物の面でも今ではできない様式も多くありますね。

はい。

神社とお寺は主に明治以降に分離することが多かったのですが、コラボレーション先として考えた時により興味度合いが高いのはどちらというのはありますか?

無いっすね。神社であろうかわ、寺であろうが、次代に委ねる勇気がないオーナーが運営している神社か寺が廃れるだけの話で、コラボするのであれば、面白がってくれる方と組みます。

時代に委ねる「勇気」というところに興味があります。 勇気とはどんな表れ方をするものをおっしゃってますか?

この場合だと、「『老い』を受け入れる」ということです。

ー「『老い』を受け入れる」ということですか。 西野さんはお若いですし、エネルギッシュでいらっしゃるので『老い』という言葉は意外でした。
「『老い』を受け入れる」というのはどのような行動になって現れるか?私が分かりにくいので一例を頂けますか?

自分が理解できないモノを否定する=自分が理解できないモノを否定しないと『理解できない自分』が間違っている、ということになるから。

↑これっすね。

ー自分や自分の理解していることを否定するというのは、確かに勇気がいることだと思います。
西野さんから「勇気」という言葉が出たときに、記憶にひっかかりがあったんです。 今は予約できる状態の新刊『新世界』の説明に書かれてましたね。
この本は、11/16と予約状態なのにランキングに入ったりされてますよね。 本は売れ、オンラインサロンは1万人突破とますます西野さんが伝えるフィールドは広がっていますね。

1万人も人がいるともう一つの行政単位、町で、オンラインサロンで立ちあがる部活も多岐に分かっています。
部活、いくつあるのでしょう?
人数が多いというのはもちろんですが、他のオンラインサロンとの大きな違いだと思います。

ー新刊は、オンラインサロンに参加されているような方を対象にかかれたのですか?

返事が無いので連投してしまったのですが、移動の合間にかかった様子でした。
焦りました・・・

 

エネルギッシュな印象の西野さんから出た思いがけない『老い』という言葉、とっさの「『老い』を受け入れるという」文脈の理解が浅く、深堀できなかったのが心残りな所でした。

場づくりに神社を参考にしているとおっしゃる西野さん
ディズニーを倒す!という目標を公言している西野さん
ライバルはディズニーランドとしている神宮(伊勢神宮)
※広報の方からお聞きしました

三つどもえのようになってますが、どうなるのでしょうか?
西野さんが神社やお寺とコラボすることがあるならどんな展開になるのか?
想像がつきません。

インタビューは後編に続きます。

 

西野さんが以前出演されてた『はねるのトびら』で、着物で神社の前で踊る企画に参加したことがありました。

神社は東京都墨田区の「牛嶋神社」。
東京スカイツリーの氏神的な神社です。
クレジットに西野さんのお名前が無いシーンなのが残念。

レターポットのレターも歓迎です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA