初版25万部突破!百田尚樹氏『日本国紀』

ごきげんよう。麻葵ゑです。

今日10/27~11/9まで、秋の読書週間に入ります。

Twitterをみていて、そんな週間もあったな、と思いだしました。

たまたまおとといamazonのkindle Unlimited登録をして昨日は電子書籍を複数冊読んでましたし、Twitterでチェックしている話題の本があるので、今日はそのことを書きます。

購入した電子書籍の内一冊はある意味傑作で、タイトルと数行の文章のほかはYOUTUBEのリンクばかりという・・・

ネット黎明期のスカスカの情報商材みたいなのがありました。

電子書籍は本当に玉石混交だな、と改めて思いました。

 

Twitterで注目していた百田尚樹氏の『日本国紀』、内容に加えて展開が大変興味深いです。

出版元の幻冬舎の見城徹社長の755でも何度も経緯がかかれています。

合計25万部となりました。詳細なデータを検討した上での結果ですが、なんだか怖いです

初版が25万部なんて早々無いと思っていたら、さらに・・・

初版は25万部に増やしましたが、今一番怖れているのは発売日にリアル書店の本が一瞬で無くなることです。だからといって無闇に刷る訳にも行かないし、本当に悩みます。

追加に追加が重なる25万部のインパクトが強すぎて初版が何万部だったかすでに忘れてしまったのですが・・・

10万部でした(それでもすごいと思っていた)。

本の制作に関わる有本香さんの記事で経緯が書かれていて、思い出しました。

『日本国紀』Amazonランキングの連続1位も12日目に突入だそうです。

この出版不況といわれて久しい中、10万部でもすごいのに初版25万部スタート。

私は書店で購入します。本が手元に来るのが楽しみです。

 

話題の『日本国紀』のAmazonページです!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA