Twitterで「複垢」を使いこなす若者たち 「高齢化」するFacebook

ごきげんよう。麻葵ゑです。

意見が炎上したり、少し前はアルバイトが不適切な行為をSNS上にアップして企業が休業して研修をしたり、などの報道が続きました。

企業の採用でも、SNS状況を聞いたり、事前に検索かけてみたりするケースは増えているようです。

また、SNSのフォロワー数が多いと優遇!なんていう会社もあると聞きます。

 

猛毒にも良薬にもなる可能性があるSNSの利用実態調査がありました。

Twitterがアツいですね!

n=回答数が一番多いです。

日本ではTwitterが活発で、本国アメリカから視察や研修で来るレベルだそうです。

Facebookが入ってきた時に「実名のSNSなんて」と言われたように、mixiが流行った次の位置におさまりがよく、日本人にあっているように感じます。

私はというと、

Facebook ほぼROM専と知人とのやり取り
twitter        複数アカウント運用(管理アカウント含む)
instagram 休眠
tiktok   アカウント未取得
mixi    休眠
といった状態で、大きくTwitterに偏ってしまっています。それに反省点もあります。

自社の商品サービスの販売、広報、採用などに役立つ行動データで知っておいて損が無い内容だと思います。

Twitterはメモを兼ねていますが、更新しています。

こちらからフォローお願いします!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA