穏やかな性格になったきっかけ

10年近く続けてきた東京と神奈川の二拠点生活を手じまいする準備をしています。

ごきげんよう。麻葵ゑです。

東京の事務所兼用のマンションを引き払い、神奈川の家に戻る準備をしています。

下見に来たのが2005年8月末、生活をスタートしたのが2005年10月。

途中で個人で起業し、住居に事務所としての機能が付きました。

それなりの年数いてものが多くなったため、なかなか片付けに時間がかかります。

こちらの記事に書いたように昨年は過去からの復活が多いせいか、引っ越しの準備のせいか、ともすると懐古がちになります。

今日は、ふと性格が穏やかになったものだと思いました。

年を経た年齢があがったから?
いや、年齢が行くと怒りぽくなる人もいるし・・・

そう思うと、自分の中を深堀したくなりました。

結論!

継続的に畑に行くようになってから!

2018/10/28 12:13

おととしの終わりくらいから、神奈川の家の近く(と言っても車で10分、徒歩25分くらい)の畑に月に2-4回ほど定期的に行くようになりました。

植物全般が好きな母は20年弱畑をしていましたが、以前は野菜を食べるだけでしたが、定期的に手伝うことになりました。

夏は暑く冬は寒かったり、突然出てくる虫やかえるに驚くこともありましたが・・・

適正な時期に
必要な手をかけると
しかるべき時に収穫できる

ということを深く学べました。

人と違って意見を言おうがその場では返事が返るものではありません。

手をかければかけるほどいいかというとそうでもなく。

思えば、それから結果を焦らなくなり、それから穏やかに、怒りが少なくなってきたような気がします。

東洋占星術は旧来から使われていた太陰太陽暦を使うのですがその理解が深まったり、月の満ち欠けや旧暦を法人のお取引先さんにも共有するようになったのは、当初想定していませんでした。

時に外部要因(気候や他の畑と同じ病気になってしまう)によって努力が実らないということはビジネスでも起きる現象です。

自然とビジネスの摂理の一致をみると、ひとも自然の一部ということに気づかされます。

場所柄賃料や諸経費は、野菜を買うことを思えばペイできますし。

数年前に自己啓発やセミナーで結構なお金を使ったことを思うとめちゃくちゃ費用対効果がいいなと思います モットハヤクキツズイテイタラ

継続的に、まとまった時間自然に触れることで、性格も変わっていくのではないかと推測しています。

デメリットは少なく、身体にもよい効果がありそうです。

たまたま母の趣味に付き合ったことから、性格や占術への深みやヒントを得ることになりました。

案外、ターニングポイントは偶然人からもたらされるものなのかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA