災害の備えを見直すとき

ごきげんよう。麻葵ゑです。

新潟・山形で大きな地震がありました。

地震の大きさのわりに人的被害は少ない印象ですが、やはり被害がでている地域はあります。

対象エリアの早い復旧を望むとともに、不用意な萎縮自粛がないことを願います。

6月18日、お昼に震源と揺れた場所が離れたパターンの地震でよからぬ感じがありました。

一部に震度1があっただけなのに、東京23区で揺れたような・・・

(Twitterの時間がPM10:31ですがPM4時くらいに投稿したと思います)

その後、夜にマグニチュード(M)6.7の地震・・・

とにかく、地震の大きさのわりに被害が少なくて良かったです。

地震の予知などを言いたいわけでなく、本題に。

しばらく点検してないなら、防災の点検をしましょう!

以下、災害時に役立つと思うインターネット上の準備です。

過去の経験から、災害時はTwitterが役立つと思います。

普段からTwitterを見たりつぶやいたりしている方はもちろん、休眠だったりアカウントが無ければ作っておくのもお勧めです。

Twitterには「リスト」という機能があります。

災害時参照用リストを作りました。

過去の地震や大雨の時に、有益な一方、デマが何千何万と拡散されたものがありました。

・政府官庁や公益性のある会社の公式アカウント
・上記に近いアカウント
を選んでいます。

ニュースのアカウントが入っているので平時は話題がばらばらですが、災害時はほぼそのニュースになります。

Twitterライフラインというアカウントの「リスト」にはTwitter社が選んだ都道府県別のお役立ちアカウントのリストがあります。

ご自身やご家族に関わる土地で編集することも可能です。

 

何事もなく平和に楽しい毎日が過ごせることが第一ですが、いつ必要になるか分かりません。

参考になれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA